maison des perles トップページ

BLOG

1時半 と ……

moko by moko の新しいプチ作品2点。はじめの作品はフレンチカンカンからイメージ
足を上げたところが丁度1時半に見えるのか、1時半に足を上げるのか、、、、
ペチコートの部分に3mm スパンコールを使ってレースの感じを出しています。
sDSC_0520_convert_20080910042529.jpg
Une heures et demi (1時半) 15cm×15cm
sDSC_0528_convert_20080910043033.jpg
『。。。。。』  15cm×15cm

Sample いろいろ

8月、皆バカンスへ出かけてしまってパリから人が消える、、
静かで仕事しやすい。。
なので私はサンプル作りをしていました、いつも作った作品はそのまま人の手に渡ってしまう事が多いので、人に見せる為のサンプルが無く、いつか作らないとと思っていました。
9月に丁度見せたいウエディングのアトリエがあったので今のうちに、、
 本当は黒いパイエットやペルルで作りたかったけど、やっぱりウエディングのサンプルに黒はまずいのかな、、、と。
 
9月このサンプルを見せてうまく行くと良いけど。。
R001
5613_convert_20080830221133.jpg
R0015626_convert_20080830221305.jpg
R0015621_convert_20080830221233.jpg
R0015616_convert_20080830221202.jpg
R0015629_convert_20080830221329.jpg

レースに刺繍

ウエディングドレス様にコサージュを作りました。
R0012898_convert_20080811081242.jpg
レースの花模様の部分に直接paillettesで刺繍、中心になる所だけ色を変えてperlesも刺す、カットしてからお花に見える様に組み合わせて縫ったコサージュ。
生地を折り込まなくて良いので花びらが軽くし上がりました。

画家大月雄二郎×小林モー子no.3

 
 大月氏とのコラボ作品の中で新しい試み。
大月氏が直接生地へ絵を描きその中に私が刺繍を刺す作品。
刺繍では出せない筆の跡や微妙な線が加わると今までにはない面白さが出ます。
ここで難しいのが私の刺繍は裏から刺している事、見えないのです。
wPP-DSC_8784-A_convert_20080810204040.jpg
赤鉛筆の由来 2007年  30cm×30cm
wPP-DSC_8358_convert_20080810204244.jpg
アニュラート 2007年  30cm×30cm

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES